【サトノブラーヴ】歴戦の記録|レイパパレの半弟、晩成型で本格化はこれから!

2022-01-23

最新記事【ニュージーランドT回顧】16着 2021年4月10日◆2021年2月13日の未勝利戦が初出走で、半姉レイパパレと同じく晩成型で本格化はまだ先かもしれない◆その未勝利戦スタートでやや出遅れるも直線大外から追い込み、他馬とは違う脚色の上り3ハロン33秒5で2着に2馬身差の圧勝◆主な戦績:3歳未勝利(1着)

 

スポンサーリンク

 

2021年

【ニュージーランドT回顧】16着 4月10日

2021年4月10日(土)中山11R ニュージーランドトロフィー(G2) 芝1600m 16頭 良 4枠7番 サトノブラーヴ(牡3)石橋脩 56キロ

 

キャリア1戦1勝ながら5分の2の抽選を突破しての出走

先週の大阪杯(G1)を6戦6勝の無敗で制したレイパパレ(父ディープインパクト)の半弟ということで話題性は抜群で、それはオッズにも反映され9.0倍の4番人気でした

 

レースですが、スタートで半馬身ほど遅れたうえに左にヨレて外の馬に軽く触れているように見えました

そして掛かり気味に2、3番手を追走

残り800mくらいで折り合いましたが、掛かった分スタミナをロスしたのか600m手前で騎手の手が動きはじめ、今度は進んで行かずズルズル後退しました

結局直線でも良いところなく最下位に沈みました

  

2021年2月13日の未勝利戦が初出走なので、レイパパレと同じく晩成型で本格化はまだ先ということかもしれません

これからもレイパパレの半弟と呼ばれるでしょうが、半姉を上回る活躍をしてほしいものです

 

【ニュージーランドT展望】

2021年4月10日(土)中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィー(G2)芝1600mに登録しています

 

フルゲート16頭に対し22頭が登録していて本馬は未勝利戦の1勝だけなので、現状では除外対象馬となっています

このレースと桜花賞に出馬登録しているククナが、桜花賞の抽選を突破したり、回避馬がでたりすればサトノブラーヴも抽選でニュージーランドトロフィーに出走できるかもしれませんが現状は非抽選による除外対象馬です

先週の大阪杯を6戦6勝の無敗で制したレイパパレ(父ディープインパクト)の半弟ということで話題性は抜群で、出てくればある程度人気になりそうな気がします

2021年2月13日の未勝利戦が初出走なので、レイパパレと同じく晩成型で本格化はまだ先かもしれませんが楽しみな1頭が現れました

その前走、スタートでやや出遅れて後方3番手の位置取りになりましたが直線入ってすぐに大外に持ち出して追い込んで、他馬とは違う脚色の上り3ハロン33秒5で2着に2馬身差をつけての完勝でした

いきなり重賞でも通用するのではないかと思わせる走りを見せてくれました

母シェルズレイ譲りの綺麗な芦毛の馬体が躍動するレースが見たいものです

 

【3歳未勝利回顧】1着 2月13日

2021年2月13日(土)東京5R 3歳未勝利 芝1400m 良 4枠8番 サトノブラーヴ(牡3)石橋脩 56キロ

 

5戦5勝で去年の朝日チャレンジカップを制したレイパパレ(父ディープインパクト)の半弟

2月7日東京6Rの新馬戦で除外となり芝の新馬戦がもうないので初出走ですが未勝利戦に出てきました

スタートやや出遅れて後方3番手の位置取りで、直線入ってすぐ大外に持ち出して追い込み、他馬とは違う脚色の上り3ハロン33秒5で2着に2馬身差の圧勝

 

3歳春の時点ですでに白っぽい芦毛の綺麗な馬体が目を引くオルフェーヴル産駒で今後が楽しみな一頭です


プロフィール

父:オルフェーヴル

母:シェルズレイ(母の父:クロフネ)

性別:牡

生年月日:2018年2月7日

毛色:芦毛

馬主:(株)サトミホースカンパニー

調教師:堀宜行(美浦)

生産牧場:ノーザンファーム

 

スポンサーリンク

 

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク