発走時刻が重なっても複数のレースを同時にライブ映像で視聴できるグリーンチャンネルWeb(マルチ会員)

2021-12-12

2021年12月12日(日)の香港ヴァーズ(15時00分発走)と香港スプリント(15時40分発走)はJRAの発走時刻と重なりました 

阪神10Rの竹田城ステークスが15時01分、阪神11Rの阪神ジュベナイルフィリーズが15時40分の発走

もしかしてと思い15時頃グリーンチャンネルWebのチャンネル2を見てみたら香港ヴァーズをライブで放映していました

グリーンチャンネルのホームページ内にある放送スケジュールによると

「香港ヴァーズ」及び「香港スプリント」については、『中央競馬全レース中継』でパドック、レース、払戻をお届けします。さらに『中央競馬パドック中継』でもこれら2競走のパドック、本馬場入場、レース(ライブ)、払戻をお送りします。

グリーンチャンネルホームページより引用

とあり、『中央競馬パドック中継』(チャンネル2)にてレースをライブで見られることが記されていました

 

スポンサーリンク

 

 

スマホで視聴していたので、15時01分発走の竹田城ステークスは諦めて、香港ヴァーズを見ました

15時40分の阪神ジュベナイルフィリーズに関しては、スマホでチャンネルを切り替えながら実際のスタート時刻が香港スプリントと重ならないことを祈りました

阪神ジュベナイルフィリーズが少し早くレースが始まったので、そのゴールを見届けた直後、香港スプリントにチャンネルを変えると3コーナーにさしかかろうとするところでしたが、とにかく両レースともライブで見ることができました

スマホではなくパソコンで見ておられたかたは複数チャンネルモードにしておくことで、両競馬場の状況が把握しやすかったのではないでしょうか?

複数チャンネルモードにすると画面が小さくなってしまうとはいえ、日本と香港のG1レースを同時に視聴できるというのは大きな魅力です

2021年9月11日から始まった新サービス、最大5チャンネル配信(パソコンでは最大5チャンネル視聴可能)のメリットが活かされました

ライブの臨場感を味わえたことに感謝です

 

今後、もし馬体検査やゲート入りで時間がかかり発走時刻が遅れて、他場の発走時刻と重なったとしても両レースとも見ることができるわけです!

今まではどちらかのレース終了後に、もう1つのレースをVTR映像で見るという形でしたが、これからは全部ライブ視聴可能なのです

1つはスマホ、もう1つはパソコンやタブレットでライブ観戦するというのも楽しみ方のひとつ!

進化を続けるグリーンチャンネルWeb(マルチ会員)を、同時に楽しみましょう

 

2022年2月6日追記:この日、降雪のため中京競馬が1時間繰り下げて開催されたため、小倉のレースと重なり、13時10分と13時40分の2レースが同時刻の発走となりました

 

グリーンチャンネルWebのサイトはこちらから

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク