【アンジュマリッシュ】歴戦の記録|芝中距離やダートに出走!試行錯誤中かも?

2022-01-23

最新記事【4歳以上1勝C回顧】9着 2022年2月5日◆芝桜賞で”競走中終始外側に逃避しようとしたことについて平地調教注意”を受けた◆気性面に課題を残している◆芝の短距離を使われていたが、近走は芝及びダートの中距離も使われていて模索中のようである◆2022年2月9日に登録抹消◆主な戦績:2歳未勝利(1着)

 

スポンサーリンク

 

2022年

【2022年2月9日に登録抹消】

【4歳以上1勝C回顧】9着 2月5日

2022年2月5日(土)小倉7R 4歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 12頭 良 5枠6番 アンジュマリッシュ(牝4)鮫島克駿 54キロ

 

まずまずのスタートから押さえて後方2番手から

ただ掛かり気味で、3コーナーまでやや折り合いを欠いていました

残り600m過ぎから追い出すもそれほど伸びず、見せ場なく敗れました

本質的にはスプリンターなのかもしれません

頭打ちの感があるので、まだ試されていないダート1200mでの走りを見てみたいものです

 

【4歳以上1勝C展望】

2022年2月5日(土)小倉7R 4歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 18頭 アンジュマリッシュ(牝4)鮫島克駿 54キロ

 

前走から中1週での出走

同日小倉12Rの4歳以上1勝クラス芝1200m戦を非抽選除外となり、こちらのレースにエントリーしてきました

芝1200mとダート1700mでは随分趣きが異なりますので、適性を見極めている最中かもしれません

近走結果が出ていませんので、見せ場を作ってほしいものです

 

【4歳上1勝C回顧】15着 1月22日

2022年1月22日(土)小倉12R 4歳以上1勝クラス 芝1200m 18頭 良 7枠15番 アンジュマリッシュ(牝4)富田暁 54キロ

 

現状では一番合っていそうな芝1200mに出走しました(近走の結果だけを見ると3走前の芝1800mの4着が最高着順なので、芝の中距離が適性距離の可能性もある)

馬体重はプラス10キロの442キロでしたが、前走がマイナス12キロだったのでそれほど影響はなかったと思います

好スタートから内を見ながら先行していたのですが、残り800mあたりで各馬がラチ沿いに進路を求めたため、やや詰まった感じになり大きく手綱を引きました

それにより中団まで下がり、600m標識から追い出すもリズムを崩してしまったのか15着と大敗

スムーズならもう少し走れそうだったので、次走改めて期待したいです

 

【4歳以上1勝C展望】

2022年1月22日(土)小倉12R 4歳以上1勝クラス 芝1200m 18頭 アンジュマリッシュ(牝4)富田暁 54キロ

 

ここ3戦、芝中距離、ダート中距離を試したものの結果が出ず芝1200mに戻してきました

掛かるところがあるので芝の短距離が合っているのかもしれません

小倉の1200mは2歳未勝利を勝った距離でもありますし、久々の好走を期待しています

 

スポンサーリンク

 

2021年

【3歳以上1勝C回顧】12着 11月14日

2021年11月14日(日)福島3R 3歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 15頭 良 3枠4番 アンジュマリッシュ(牝3)▲小沢大仁 50キロ

 

前走から馬体重マイナス12キロの432キロでの出走

押していって先行策も、1コーナー手前から掛かり始め向こう正面でも掛かっていました

それにも関わらず、3コーナーでは押してもついて行けず後退してしまい見せ場なくレースが終わりました

スタートして100mから700mまでの3ハロンが33秒9でラスト3ハロンが39秒4とハイペースの流れ

さらに、勝ち馬が3コーナー手前で後方からまくって先頭に立ち、そのまま押し切るという先行勢には厳しいレース展開だったことも敗因のひとつでしょう

 

近走の結果だけを見ると3走前の芝1800mの4着が最高着順なので、芝の中距離が現状では適性距離なのかもしれません

 

【3歳以上1勝C展望】

2021年11月14日(日)福島3R 3歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 15頭 3枠4番 アンジュマリッシュ(牝3)▲小沢大仁 50キロ

 

芝1200m(6戦)、芝1400m(1戦)を使われたあと、前々走が芝1800m、前走と今回がダート1700mと距離、馬場ともに大きく舵をきってきました

2戦連続となるダート1700m戦で、めどの立つ走りを見せてくれるか注目です

 

【3歳以上1勝C回顧】8着 9月4日

2021年9月4日(土)札幌6R 3歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 14頭 良 4枠5番 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

スッと先行して5番手からの競馬

1コーナーで口を割り頭を上げ、向こう正面でも口をわずかに割って掛かっていました

砂を嫌がる素振りは見せなかったので単純に掛かったのだと思われます

3コーナー手前で折り合いましたが、残り500mで右ムチが入り、直線向いたところではすでに手応えがなくなっていました

 

連闘でしたが無事に走りきってくれました

次戦もダート戦を使うのかと、距離は1200m~1800mのうちどこを選んでくるのか興味津々です

掛かるところがあるので、ダートの1200mあたりでの走りを見てみたいです

 

【3歳以上1勝C展望】

2021年9月4日(土)札幌6R 3歳以上1勝クラス(牝)ダート1700m 14頭 4枠5番 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

前走は芝1800mに距離を延ばして4着、今回は初のダート戦となります

いろいろ試している段階なのかもしれません

 

前走で距離のめどは立ったので、ダートでどんな走りを見せてくれるか楽しみです

先行力はあるので、砂をかぶらない競馬が理想かもしれません

連闘になりますので、まずは無事に走りきってほしいです

 

【3歳以上1勝C回顧】4着 8月28日

2021年8月28日(土)札幌7R 3歳以上1勝クラス 芝1800m 14頭 良 3枠4番 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

好スタートから3番手を追走

1000m通過タイムが62秒2のスローペースで掛かっていました

これまでは主に1200mを使われていたことが掛かった要因のひとつかもしれません

1000m標識付近でペースが上がってからは折り合いました

そして600m標識過ぎから手が動き始め、直線は前が壁になりそうでしたが、うまく開いたので勝てるかもと思いましたが、もうひと伸びが足りませんでした

左ムチが入ったためか少し内にモタれているように見えました

内に逃避するクセが出たのかもしれませんが、まっすぐ走っていれば2着はあったかもしれません

 

今回は内枠で終始ラチ沿いを通りロスのない競馬でした

前残りの展開も味方したと思いますが、距離もこなせることがわかりました

もっと折り合い面が良くなれば距離の選択肢が広がり、さらに活躍が期待できそうな気がします

 

馬体重プラス8キロの446キロでの出走でした

成長期なのだと思いますが結果がともなっていないのが気になるところではあります

  

【3歳以上1勝C展望】

2021年8月28日(土)札幌7R 3歳以上1勝クラス 芝1800m 14頭 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

これまで2歳時に1400mを1回走っただけで、残り6戦はすべて1200mです

現状やや頭打ちで距離延長によって新たな一面が出ないか試す、と言ったところでしょうか

ただ、前走の特別登録時点では芝1800mの恵山特別に登録がありましたので、以前から距離延長を模索していたようです

心配なのは折り合い面で、3走前の芝桜賞では競走中終始外側に逃避しようとしていました

距離が延びて折り合えるかに注目です

 

前々走の馬体重がプラス14キロの440キロ、前走がマイナス2キロで438キロ

成長分なのかもうひとしぼりできるのかも気になるところです

 

【3歳以上1勝C回顧】7着 7月18日

2021年7月18日(日)函館8R 3歳以上1勝クラス 芝1200m 13頭 良 5枠6番 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

まずまずのスタートから押して5番手をキープ

向こう正面でスーッと少しずつ内ラチへ誘導し、3コーナー、4コーナーともにロスなく内ラチ沿いを走りました

4コーナーでも5番手の位置で、直線は内から2頭目の位置がスッ開きましたが伸びを欠きました

前半3ハロン34秒6、後半3ハロン35秒4とやや前傾ラップではありましたが、勝ち馬と同じ位置にいましたので力負けかなと感じました

 

前走の馬体重はプラス14キロの440キロ

今回はマイナス2キロの438キロでした

成長分ではなくまだ絞れていない可能性もあります

次走の馬体重にも注目です

 

【恵山特別展望】→【3歳以上1勝C】に出走

2021年7月18日(日)函館競馬場で行われる恵山特別(3歳以上1勝クラス)芝1800mに登録

 

1200mが5走、1400mが1走と短距離ばかりを使われていたアンジュマリッシュ

なんと今回は1800m戦にエントリーしてきました

一気の距離延長がどうかですが新たな一面がでると良いですね

 

前走の馬体重はプラス14キロでの出走でしたが、5着とまずまず走れたので成長分ではないかと思っています

今回の馬体重にも注目したいところ

 

あとは、前々走の芝桜賞で”競走中終始外側に逃避しようとしたことについて平地調教注意”を受けています

前走は問題なかったので大丈夫だとは思いますが、今回は距離が延びるので折り合いの面も注目して見たいところです

 

7月15日追記:恵山特別ではなく7月18日(日)函館8R、3歳以上 1勝クラス、芝1200mに出走予定

結局1200m戦でした

良いレースを期待します!

 

【3歳以上1勝C回顧】5着 6月26日

2021年6月26日(土)札幌9R 3歳以上1勝クラス 芝1200m 15頭 良 5枠9番 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

スタート後しばらく走って、外の馬に被せられエキサイトしたように見えました

3コーナー手前で落ち着いたのは良かったのですが、今度はやや流れに乗れず600m標識手前で早くもムチが入りました

そのあと軽くではありますが押して追走し4コーナー出口手前でまたムチ1発

このような流れだったので、4コーナーで手応えがあやしかったですが、終いまで伸びて5着に入り今後に希望が持てる内容でした

前走で平地調教注意を受ける原因となった外に逃避するクセは出なかったですし、ちゃんと制御できていたので精神面の成長も感じられました

プラス14キロでの出走でしたが、走りと結果を見る限り成長分とみて良さそうで、次走の馬体重にも注目です

 

【3歳以上1勝C展望】

2021年6月26日(土)札幌9R 3歳以上1勝クラス 芝1200m 15頭 アンジュマリッシュ(牝3)古川吉洋 52キロ

 

前走、芝桜賞は終始外側に逃避し直線もまともに追えない状態でした 

前々走のさざんか賞は大敗でしたが折り合いは良かったです 

3走前の2歳1勝クラスのレースでは向正面で口を割って激しく掛かっていました

勝った4走前の2歳未勝利戦は、掛かってはいましたが内枠だったこともあり、右には内ラチ、左と前には馬がいたため壁ができて折り合えていました

4コーナーで外に行きたがる素振りを見せた(ジョッキーが内に誘導しているのがパトロール映像で分かります)部分はありましたが、馬群の中にうまく収まって良いレースができていました

 

前走で平地調教注意を受けていますので逃避するクセが矯正されていて、折り合って能力を出すことができればここを勝つ能力はあるはずで、古川吉洋騎手がどう折り合いをつけるかに注目です

 

【芝桜賞回顧】13着 3月6日

2021年3月6日(土)小倉10R 芝桜賞(3歳1勝クラス)芝1200m 17頭 やや重 2枠3番 アンジュマリッシュ(牝3)荻野極 54キロ

 

好スタートを切りましたが最初から最後まで口向きが悪く、

JRAの発表では

”アンジュマリッシュ号は,競走中終始外側に逃避しようとしたことについて平地調教注意。”

となっています

ずっと内へ内へとジョッキーが誘導していましたがとうとう直線もまともに追えない状態で流れ込むだけのレースでした

ゴール後も頭を上げ口を割り首を振ってイヤイヤをしていました

 

2走前にも向こう正面で口を割って頭をブンブン振って掛かっていました

気性面に問題はありそうですがスピード感があり、強くなる可能性はあるのではないかと思います

今後もチェックしていきたいと思います


プロフィール

父:ノヴェリスト

母:ギーニョ(母の父:サンデーサイレンス)

性別:牝

生年月日:2018年3月14日

毛色:青毛

馬主:(有)サンデーレーシング

調教師:上村洋行(栗東)

生産牧場:ノーザンファーム

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク