【エスコバル】歴戦の記録|新馬戦エフフォーリアに3/4馬身差!潜在能力に期待

2022-01-23

最新記事【京都新聞杯回顧】11着 2021年5月8日◆京都新聞杯は良いところなく最下位に終わったが、新馬戦で皐月賞馬エフフォーリアに3/4馬身差まで迫っての2着という成績があり、潜在能力はあると信じて成長を待ちたい◆主な戦績:2歳未勝利(1着)

 

スポンサーリンク

 

2021年

【京都新聞杯回顧】11着 5月8日

2021年5月8日(土)中京11R 京都新聞杯(G2)芝2200m 11頭 良 6枠7番 エスコバル(牡3)藤岡康太 56キロ

 

京都新聞杯、プリンシパルステークスともにフルゲート18頭に対して18頭の登録だったので1勝馬ですが選択可能でした

前走2200mのすみれステークス(5着)を使っているように距離が延びて良いタイプのようで2000mのプリンシパルステークスよりもこちらを選んだのかなと推測します

 

前走すみれステークスは、前目の位置取りからスムーズな競馬でしたが直線はジリジリとしか伸びず、しかも一度は交わしたセファーラジエルに差し返されて物足りなさを感じました

それから約2か月ぶりの出走で、どのくらい成長しているかを楽しみにしていたのですが…

 

今回のレースは道中終始掛かり気味で、3コーナー手前では早めに外から上がってきたゲヴィナーにつられてスピードが上がってしまいました

そして3コーナーを曲がっていざ追い出すと、今度は手応えがなくついていけませんでした

4コーナーではすでに脚が残っておらず、直線向いてすぐのところで少しふらついていました

 

今回は良いところなく最下位に終わりましたが、新馬戦で皐月賞馬エフフォーリアに3/4馬身差まで迫っての2着という成績があり、潜在能力はあると信じて成長を待ちたいと思います

 

【京都新聞杯 or プリンシパルS展望】

2021年5月8日(土)中京競馬場で行われる京都新聞杯(G2)芝2200mと5月8日(土)東京競馬場で行われるプリンシパルステークス(OP・リステッド)芝2000mに登録

 

両レースともフルゲート18頭に対して18頭の登録ということで1勝馬ですが出走可能です

適性や相手関係をみてどちらに出走するかを選べるので、陣営の選択に注目です

 

新馬戦では皐月賞馬エフフォーリアに3/4馬身差の2着に来ており、潜在能力を秘めている可能性はあります

 

前走、すみれステークスでディープモンスターの5着以来、約2か月ぶりの出走で、成長していることを期待しています

四肢をいっぱいに伸ばして、バネがあり弾むように走る姿が好きで応援しています

 

【すみれS回顧】5着 2月28日

2021年2月28日(日)阪神10R すみれステークス(3歳OP・リステッド)芝2200m 8頭 良 4枠4番 エスコバル(牡3)川田将雅 56キロ

 

スタート直前ディープモンスターの右前脚蹄鉄の打ち替えのため発走時刻が遅れました

スタート直後半馬身ほど左にモタれて後方2番手から

スタンド前で中団後方まで押し上げ1~2コーナーで内に進路をとり終始内を走りました

向こう正面で少しペースが落ちたところで3、4番手の位置取り

4コーナーもスムーズで、内から2頭目を伸びてくるかと思いましたがジリジリとしか伸びませんでした

しかも一度は交わしたセファーラジエルに最後差し返され、終始折り合ってロスなく走った結果なのでこれが現時点での能力ということかもしれません

今後の成長に期待しましょう

 

勝ったのは蹄鉄を打ち替えたディープモンスター

大外枠だったためスタート直後左に5頭分ほどヨレましたが、2着に2馬身1/2差の圧勝で底知れぬ強さ見せつけられました

  

【すみれS or 水仙賞展望】

2021年2月28日(日)阪神競馬場で行われるすみれステークス(3歳OP・リステッド)芝2200mと2月27日(土)中山競馬場で行われる水仙賞(3歳1勝クラス)芝2200mに登録

 

ゲートをアオリぎみに出ることと掛かることが懸念材料です

前走の葉牡丹賞では10着と大敗していますがやや重だったこと、前残りの展開だったことも敗因と思われます

今回人気を落とすでしょうが巻き返しは十分にあると思います


プロフィール

父:モーリス

母:スマッシュハート(母の父:キングカメハメハ)

性別:牡

生年月日:2018年5月2日

毛色:鹿毛

馬主:吉田和美

調教師:堀宣行(美浦)

生産牧場:酒井牧場

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク