【オヌール】歴戦の記録|阪神芝1800mは得意の舞台、全姉デゼル同様末脚切れる

2022-01-23

最新記事【再度山特別回顧】1着 2021年12月4日◆3勝全て阪神1800m戦◆今回がまだ7戦目でこれから強くなるはず◆ローズSでは残り600m地点で少し進路が狭くなり手綱を引いていたが、そこから立て直し直線は良く伸びて6着と能力の片鱗を見せた◆主な戦績:再度山特別(3歳2勝C)1着

 

スポンサーリンク

 

 

2021年

【再度山特別回顧】1着 12月4日

2021年12月4日(土)阪神9R 再度山特別(3歳以上2勝クラス・ハンデ)芝1800m 9頭 良 7枠7番 オヌール(牝3)川田将雅 53キロ

 

まずまずのスタートから中団後方を追走

直線は馬場の4分どころをグングン伸びて、メンバー最速の上り33秒4で弾けて2馬身差の圧勝

これで新馬戦、アルメリア賞、今回の再度山特別と阪神1800mは3戦3勝とし、全3勝をここで上げており適性の高さを感じます

ワンターンで直線が長いコースが合うのかもしれませんし、1800mがベストの距離なのかもしれません

次走以降、このあたりに注目して見ていきたいと思います

 

追記:2022年2月6日(日)阪神競馬場で行われる斑鳩ステークス(4歳以上3勝クラス・ハンデ)芝1400mに登録がありましたが、出馬投票せず出走しませんでした。ちなみにハンデは、53キロでした。

 

【再度山特別展望】

2021年12月4日(土)阪神競馬場で行われる再度山特別(3歳以上2勝クラス・ハンデ)芝1800mに登録

 

ハンデは53キロ

新馬戦、アルメリア賞と連勝を飾った阪神1800m戦なのでおおいに期待しています

外回りコースでこそ末脚が活かせるのではないでしょうか

 

【3歳以上2勝C回顧】4着 11月14日

2021年11月14日(日)阪神8R 3歳以上2勝クラス 芝2200m 8頭 良 6枠6番 オヌール(牝3)岩田望来 53キロ

 

前半1000mが62秒5、後半が59秒9でスローペースの割りには差し馬が台頭したレースになりました

好スタートから、やや掛かり気味に3、4番手を追走

3コーナーでようやく折り合い、内から3頭目を進出し先頭に並びかけ、直線では一旦先頭も外から後続に交わされて4着

掛かって先行したことと、直線馬場の良い外に出せなかったことが想定外でした

ただ、前で競馬ができたことで、今後レースの幅が広がるかもしれません

 

これからどんどん成長し、来年のエリザベス女王杯に出てくるような活躍を期待しています

 

備考:同日、同距離のエリザベス女王杯に出走した全姉デゼルは8着でした

 

【3歳以上2勝C展望】

2021年11月14日(日)阪神8R 3歳以上2勝クラス 芝2200m 8頭 6枠6番 オヌール(牝3)岩田望来 53キロ

 

前走(2着)と同じ舞台の阪神2200m戦

馬場の内側が荒れてきているので、外から差し脚を伸ばして快勝するような気がします

同日のメインレース、エリザベス女王杯で全姉デゼルも出走予定

同じ条件で比較しやすいので、来年のエリザベス女王杯につながるような走りを期待しています

 

【三田特別回顧】2着 10月10日

2021年10月10日(日)阪神9R 三田特別(3歳以上2勝クラス)芝2200m 9頭 良 3枠3番 オヌール(牝3)松山弘平 52キロ

 

スタート後少し手綱を引いて下げ、内には入らず外のポジションを取りに行き後方二番手から

縦長の展開でしたが、最後方にいたヴェローチェオロが向こう正面から5番手まで進出し一気にペースが上がりました

オヌールはポジションを守って後方からジワジワ進出し、4コーナー手前で左ムチが2発入り大外を進出

結局、先に抜け出したヴェローチェオロには1馬身3/4届きませんでしたが、長く良い脚を使って頑張りました

 

【三田特別展望】

2021年10月10日(日)阪神競馬場で行われる三田特別(3歳以上2勝クラス)芝2200mに登録

 

オヌールは成長を待ちながら使われていて今回のレースがまだ5戦目

前走のローズステークスは、残り600m地点で少し進路が狭くなり手綱を引いたことが痛かったです

それでも最後伸びてきており、能力の片鱗を垣間見ました

 

今回のレースは定量戦で、3歳牝馬の斤量52キロを味方にここは勝ち上がってほしいです!

全姉デゼル同様晩成型のようですから今後の活躍が楽しみです

 

【ローズS回顧】6着 9月19日

2021年9月19日(日)中京11R ローズステークス(G2)芝2000m 18頭 良 8枠17番 オヌール(牝3)川田将雅 54キロ


スタート直後、外の馬と軽く接触しているように見えます

そのことと外枠だったことも影響したのか、中団後方からの競馬となりました

パトロール映像を見ると、残り600m地点で少し進路が狭くなって手綱を引いています

そこから立て直して直線は良く伸びていたので、それがなければ秋華賞への優先出走権は取れていたように思います

残念な結果になりましたが、これからもっと強くなるはずなので、じっくり成長していってほしいものです

 

【ローズS展望】

2021年9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズステークス(G2)芝2000mに登録

3着までに秋華賞への優先出走権が与えられる大事な一戦

 

収得賞金900万円のオヌールが出走するためには13分の11の抽選突破が第一関門となります

ぜひ抽選を突破して出走してほしいですね

出走できれば、フローラステークス以来4か月半ぶりのレースとなります

まだ3戦しか走っていません

間隔を空けて使われているように全姉デゼル同様本格化はまだ先かもしれませんが、ポテンシャルの高さでどこまで通用するか楽しみです

 

9月16日追記:マリアエレーナとミヤビハイディが回避したため抽選なしで出走可能となりました

 

【フローラS回顧】8着 4月25日

2021年4月25日(日)東京11R フローラステークス(G2)芝2000m 17頭 良 4枠8番 オヌール(牝3)川田将雅 54キロ

 

前半1000m60秒2、後半1000m59秒2のややスローペースでした

中団追走から、直線バテてはいませんがジリジリとしか伸びず、持ち味の切れる脚は見られませんでした

まだ成長途上で全姉デゼル同様充実期はまだ先なのだと思います

能力は高いと思うのでじっくりと成長を待ちたいところです

とはいえオークスに出走可能ならばどんな走りをするか見てみたいものです

全姉デゼルが2番人気で11着だった無念を晴らすような走りを期待したいです

 

追記:オークスには登録がありませんでした

 

【 フローラS展望】

2021年4月25日(日)東京11R フローラステークス(G2)芝2000m 17頭 4枠8番 川田将雅 54キロ

 

2歳の11月8日にデビューし2戦目が3歳の3月7日で中4か月の間隔があり、全姉デゼル同様体質が弱い可能性がありそうです

デゼルのデビューは遅く、3歳の3月15日の未勝利戦が初戦でしたのでオヌールのデビューはデゼルよりも早いのですが2戦目までの間隔が長く姉同様体質が弱いのかもしれません

そのためか大事に使われている印象で、本格化は姉同様まだ先かもしれませんがポテンシャルは秘めていそうなので、オークスへの出走権(優先出走権は2着まで)を手に入れてほしいところです

ただ、デゼルよりも早くデビューできているということは、同じ時期で比較したときの成長速度はオヌールのほうが速いかもしれません

 

レースにおいては姉同様、切れる脚を持っています

新馬戦(1着)は前半1000m62秒7、後半1000m58秒6(上り3ハロンが33秒6)、自身の上り3ハロンタイムは33秒4

2戦目アルメリア賞(1着)では前半1000m64秒3、後半1000m58秒4(上り3ハロン33秒1)のスローペースで瞬発力勝負となり、自身の上り3ハロンタイムが32秒7でオヌールの良さが出たレースでした

 

先々週、テン乗りだったデゼルで阪神牝馬ステークスを勝った川田将雅騎手にも期待したいです

武豊騎手が負傷のためテン乗りで川田騎手がオヌールに騎乗します

姉も友道康夫厩舎であり、阪神牝馬ステークスの再現というようなレース結果になることを願います

  

ただ、まだ2戦しか走っておらずタフなレースをしていないことが不安要素ですが、能力があるのは間違いないので好勝負を期待しています


プロフィール

父:ディープインパクト

母:アヴニールセルタン(母の父:Le Havre)

性別:牝

生年月日:2018年5月10日

毛色:黒鹿毛

馬主:(有)社台レースホース

調教師:友道康夫(栗東)

生産牧場:社台ファーム

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク