【イズンシーラブリー】歴戦の記録|メンコの下の素顔はとってもラブリー

2022-01-23

最新記事【4歳以上2勝C回顧】2着 2022年3月6日◆前々走は、寒い時期の2か月ぶりで馬体重マイナス6キロ、成長途上か?◆前走は、増減なし◆直線、ムチを入れられモタれていた◆額の流星が美しく目もパッチリしていて、馬名の由来にも納得◆主な戦績:フラワーC(G3)4着、クイーンC(G3)5着

 

スポンサーリンク

 

 

2022年

【4歳以上2勝C回顧】2着 3月6日

2022年3月6日(日)中山8R 4歳以上2勝クラス 芝1600m 10頭 良 6枠6番 イズンシーラブリー(牝4)福永祐一 55キロ

 

スタートに不安がある同馬ですが、このレースでは五分に出ました

道中は中団やや後ろを追走

残り500mあたりから仕掛けて直線も良く伸びてきましたが2着まで

4コーナー出口から直線を向いてしばらくのところまで、外に出すのにいくらか手間取っていました

パトロール映像を見ると、福永騎手がグイグイと左に手綱を引っ張っているのが分かります

ただ、2キロとはいえ前走からプラス体重で出走できたことと、スタートが決まったことは収穫でした

 

【4歳以上2勝C回顧】2着 2月13日

2022年2月13日(日)東京8R 4歳以上2勝クラス 芝1600m 16頭 やや重 4枠7番 イズンシーラブリー(牝4)横山武史 55キロ

 

前走から馬体重の増減なしで、422キロでの出走

増えて出てきてほしかったですが、減らなかったことは好材料でした

レースは良いスタートから折り合って先行策

400m標識手前から追い出し、残り250mあたりで一旦先頭も、最後の50m付近でアヴェラーレに交わされました

横山武史騎手らしい早めに先頭に立つレースでしたが、ムチが入る度(右ムチ3発)に右にモタれて、手綱を左に引っ張って修正していた分ロスがあったと思われます

 

【4歳以上2勝C展望】

2022年2月13日(日)東京8R 4歳以上2勝クラス 芝1600m 16頭 イズンシーラブリー(牝4)横山武史 55キロ

 

中6週での競馬

気になるのは、ここ2走続けて馬体重減で出走していること

今回プラス体重なら好走可能とみています

 

スポンサーリンク

 

2021年

【クリスマスC回顧】4着 12月25日

2021年12月25日(土)中山12R クリスマスカップ(3歳以上2勝クラス)芝1600m 16頭 やや重 2枠4番 イズンシーラブリー(牝3)横山武史 54キロ

 

馬体重が前走からマイナス6キロの422キロ

寒い時期の2か月ぶりにも関わらずマイナス体重ということは、まだ成長途上なのかもしれません

 

スタート直後わずかに右にヨレて行き脚がつかず後方からの競馬

残り600m過ぎから仕掛けて、直線は馬場の真ん中に持ち出し、上り3ハロン34秒6(メンバー中2番目のタイム)で追い込むも4着まで

 

【クリスマスC展望】

2021年12月25日(土)中山競馬場で行われるクリスマスカップ(3歳以上2勝クラス)芝1600mに登録

 

今回、昇級戦で約2か月ぶりのレースとなります

前走はメンコを外してのレースで精神面の成長を感じました

ただ、スタートでヨレたり直線モタれたりと、まだ成長の余地もあります

クイーンカップ5着、フラワーカップ4着と重賞でも通用する馬

ここは勝ち負けを期待しています

 

【3歳以上1勝C回顧】1着 10月31日

2021年10月31日(日)東京6R 3歳以上1勝クラス 芝1600m 17頭 良 8枠17番 イズンシーラブリー(牝3)横山武史 53キロ

 

前走で再着用していたメンコを外して素顔での出走でした

精神面の成長がみられたものと推測されます

 

大外枠だったためかスタート後、外に2頭分ほどヨレました

道中は後方4番手を追走し、4コーナー外を回って直線は馬場の真ん中を鋭く伸びました

残り150mで手前を変えてから少し内にモタれ加減だったことが気になりましたが、追い込みが決まって快勝

 

【3歳以上1勝C展望】

2021年10月31日(日)東京6R 3歳以上1勝クラス 芝1600m 17頭 イズンシーラブリー(牝3)横山武史 53キロ

 

前走から2か月ぶりの出走

その前走が5か月ぶりのレース

馬体重プラス12キロで、少し余裕残しだったのかもしれません

 

クイーンカップ5着、フラワーカップ4着と重賞でも善戦しているように実力はあります

また重賞戦線に戻ってきてほしいものです

 

【3歳以上1勝C回顧】5着 8月21日

2021年8月21日(土)新潟12R 3歳以上1勝クラス(牝)芝1800m 14頭 良 7枠11番 イズンシーラブリー(牝3)戸崎圭太 52キロ

 

スタートが良く、いくぶん掛かり気味でしたがすんなり先行できたので勝てるのではないかと思いながら見ていました

しかし、期待したほど伸びず5着に敗れました

5か月ぶりで、馬体重がプラス12キロでの出走となり、少し余裕残しだったのかもしれませんが残念な結果でした

勝ったジュリアバローズに早めに交わされたことも影響したのかもしれません

 

前走で初めて外した赤いメンコを、再び着けての出走でした

まだ、いくらか敏感なところがあるということかもしれません

 

次走は叩いた上積みがあることを期待したいと思います

 

【3歳以上1勝C展望】

2021年8月21日(土)新潟12R 3歳以上1勝クラス(牝)芝1800m 14頭 イズンシーラブリー(牝3)戸崎圭太 52キロ

 

1戦1勝のジュリアバローズがどのくらいのポテンシャルを持っているのか未知数ですが、スタートさえ普通に出れば勝ち負け必至だと思います

新潟の1800m戦ならば、まぎれも少ないので能力のあるところを見せつけてほしいところ

5か月ぶりの実戦となりますが、成長した姿が見られることを期待しています

 

【フラワーC回顧】4着 3月20日

2021年3月20日(土)中山11R フラワーカップ(G3)芝1800m 16頭 良 8枠16番 イズンシーラブリー(牝3)三浦皇成 54キロ

 

デビュー以来つけていた赤いメンコを外してのレースでした

額の流星が美しく目もパッチリしていて、なるほど「この娘可愛いでしょ?」という意味の名前をつけられたのも納得です

 

今回スタートが決まったので好勝負できると思いました

大外枠から道中3、4番手を進み先行策をとり、4コーナーからジワリと進出し、直線どのくらい伸びるだろうと期待しましたが坂の途中で失速し後ろからきた馬にも差され4着

思ったほど伸びず残念な結果でしたが続けて応援していきたいと思います

      

【フラワーC展望】

2021年3月20日(土)中山競馬場で行われるフラワーカップ(G3)芝1800mに登録

 

前走、クイーンカップは5着

スタートで若干出遅れたのが最後の着差になったのではないかというくらい良い走りを見せてくれました

今後の課題はゲートを五分に出ることだと思います

 

今回も切れる脚を使えれば勝ち負けできると信じています

 

【クイーンC回顧】5着 2月13日

2021年2月13日(土)東京11R クイーンカップ(G3)芝1600m 16頭 良 2枠3番 イズンシーラブリー(牝3)三浦皇成 54キロ

 

スタートで若干出遅れたのが最後の着差になったのではないかというくらい良い走りを見せてくれました

道中ククナを見る形で中団後方を追走し、直線向いて開くところを探している間にロスがあったので、スタート後にもう一列前の位置につけられていれば最後まで差を詰めて伸びてきただけに勝ち負けまであったのではないかと思います

今後の課題はゲートを五分に出ることですが、今回相手が一気に強化されたにも関わらず見せ場は作れたので今後のレースが楽しみになりました

 

【クイーンC展望】

2021年2月13日(土)東京競馬場で行われるクイーンカップ(G3)芝1600mに登録

 

前々走の新馬戦(中山芝1600m)はスタートやや遅れ気味に出て中団後方を追走し、3~4コーナーでは外々を回ってジリジリとしか伸びませんでしたが、直線を向くとすごい脚で追い込んで3着

前走の中山で行われた3歳未勝利(牝)芝1600mでは、まずまずのスタートを切って中団やや後方を追走し外々を回って4コーナーで先団に取りつき直線しっかり伸びて快勝

 

前々走アルテミスステークス2着、前走シンザン記念4着と実績のあるククナ、前走東京1600mの赤松賞を勝ったディープインパクト×アパパネの娘アカイトリノムスメ、新馬戦で外ラチまで逃避しながら勝って話題となったAmerican Pharoah産駒のリフレイム、抽選突破が条件ですが、前走東京芝マイル戦のベゴニア賞でキングストンボーイにクビ差2着のキズナ産駒ステラリア、前走東京芝1600mの新馬戦を3馬身1/2の着差で快勝したディープインパクト産駒のレフトゥバーズなど好メンバーが揃っていますが、イズンシーラブリーは抽選を突破して出てくればすんなり勝っても不思議はない逸材だと思います

 

【3歳未勝利回顧】1着 1月17日

2021年1月17日(日)中山5R 3歳未勝利(牝)芝1600m 16頭 良 5枠10番 イズンシーラブリー(牝3)C.ルメール 54キロ

 

まずまずのスタートを切って中団やや後方を追走

外々を回って4コーナーで先団に取りつき直線しっかり伸びて快勝

外を走ってきての勝利で、まだ奥深さを秘めているように感じました


プロフィール

父:ディープインパクト

母:ブルーミンバー(母の父:ファルブラヴ)

性別:牝

生年月日:2018年4月12日

毛色:鹿毛

馬主:諸江幸祐

調教師:加藤征弘(美浦)

生産牧場:社台ファーム

 

スポンサーリンク

 

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク