【ジャズエチュード】歴戦の記録|礼文特別で函館SSと同タイム勝ちの豪州産快速牝馬

2022-01-23

最新記事【春風S回顧】16着 2022年3月26日◆連勝した礼文特別(1勝C)、HTB杯(2勝C)は南半球産で斤量50キロ◆それを差し引いても余りある強い内容◆礼文特別(札幌)で1分07秒6で勝利◆それは前の週に札幌で行われた函館SSと同タイム!◆主な戦績:HTB杯(3歳以上2勝C)1着

 

スポンサーリンク

 

2022年

【春風S回顧】16着 3月26日

2022年3月26日(土)中山9R 春風ステークス(4歳以上3勝クラス)ダート1200m 16頭 やや重 8枠15番 ジャズエチュード(牝4)石川裕紀人 54キロ

 

3勝クラス芝1200m戦で6着→8着ときて、今回が初ダート

芝で頭打ちと見てのダート参戦だったのかもしれません

スタートは五分でしたが、芝スタートということもあってか二の脚速く先手を奪う勢い

ハナはメイショウハナモリに譲りましたが2番手からの競馬

そして、残り600m付近から追い出しますが、手応え悪く徐々に後退加減

直線向くとすでに余力なく失速し最下位でゴール

ダート適性には疑問が残りましたが、次走もう一度ダートを使うのかに注目です

 

また、馬体重がここ3走でプラス12キロ→プラス12キロ→プラス4キロと増加傾向なので、その影響もあるのかもしれません

次走の馬体重にも注目です

 

【サンライズS回顧】8着 1月16日

2022年1月16日(日)中山9R サンライズステークス(4歳以上3勝クラス)芝1200m 16頭 良 1枠1番 ジャズエチュード(牝4)丸山元気 53キロ

 

前走が馬体重プラス12キロ、今回もプラス12キロの516キロでの出走

スタート後、押して押してコスモアンジュとの逃げ争いになりましたが、300mほど走ったところで手綱を引いて2番手におさまりました

残り700mあたりからおっつけ始め、手応えがあまりないように見えました

ただ、直線バタッとは止まっておらず、良く踏ん張りました

この粘りは次走につながると思います

馬体重がどのくらい絞れるかもカギになりそうです

 

【サンライズS展望】

2022年1月16日(日)中山競馬場で行われるサンライズステークス(4歳以上3勝クラス)芝1200mに登録

 

定量戦ということで他の4歳牝馬は54キロの斤量

ジャズエチュードは南半球産なので、1キロ減の53キロでの出走となります

 

新馬戦を勝利したあと、約3か月半ぶりとなった3歳1勝クラスで6着

その時の馬体重が、プラス18キロの504キロ

その後2連勝し、約3か月休養をはさんだ前走が6着

その時の馬体重が、プラス12キロの504キロ

それから約3か月ぶりで、今回の出走というのが不安材料

冬場なので馬体重が増えているかもしれません

馬体重だけでの判断は危険だとは思いますが、絞れていれば好勝負可能とみています

 

スポンサーリンク

 

2021年

【北陸S回顧】6着 10月10日

2021年10月10日(日)新潟11R 北陸ステークス(3歳以上3勝クラス)芝1200m 18頭 良 1枠1番 ジャズエチュード(牝3)秋山稔樹 52キロ

 

五分のスタートから、押して先手を奪い、前半3ハロン33秒4の軽快な逃げ

しかし、2着に入ったデトロイトテソーロに3〜4コーナー中間から競りかけられ厳しい展開

直線向いてすぐにデトロイトテソーロに交わされ、その後も後続から交わされました

とはいえ、勝ったシセイヒテンからアタマ、ハナ、クビ、クビ、クビ差のコンマ1秒しか負けておらず、最後まで止まっていません

3か月ぶりで馬体重がプラス12キロだったことを考えるとまずまずの走りで、次走につながるレースはできたと思います

 

【北陸S展望】

2021年10月10日(日)に新潟競馬場で行われる北陸ステークス(3歳以上3勝クラス)芝1200mに登録

 

連勝した礼文特別(1勝クラス)、HTB杯(2勝クラス)は南半球産ということで斤量50キロでした

今回の斤量は52キロで、南半球産の恩恵が少なくなってきています

ただ、その2連勝も斤量差だけではない強さを示すレースでしたので、今回も勝ち負けできると思います

 

札幌、函館と洋芝で2連勝していて、野芝だけの新潟でも走れるかですが、中山で新馬勝ちしているので問題ないと推測します

軽快に逃げて強い勝ちかたをしてくれれば、今後さらなる飛躍が期待できそうです

 

【HTB杯回顧】1着 7月4日

2021年7月4日(日)函館12R HTB杯(3歳以上2勝クラス)芝1200m 9頭 良 4枠4番 ジャズエチュード(牝3)秋山稔樹 50キロ

 

好スタート、好ダッシュでスッと先頭に立ちました

3~4コーナーでサトノジヴェルニーに早めにこられましたが、直線を向いてムチ1発でグンと加速

あとは突き離す一方で2馬身差の圧勝

前半3ハロン33秒9、後半3ハロン34秒7とやや前傾ラップでしたが、鮮やかに逃げ切りました

前走に続いてスピードのあるところを見せつけました

 

3歳牝馬の南半球産ということで前走に続いて今回も50キロの斤量でしたが、それを差し引いても余りある強い内容でした

 

中1週でのレースがどうかと思いましたがまったく問題なかったようです

次走がまた楽しみになりました

 

【HTB杯展望】

2021年7月4日(日)函館競馬場で行われるHTB杯(3歳以上2勝クラス、芝1200m)に登録

 

3歳牝馬の南半球産ということで前走に続いて今回も50キロでの出走です

中1週で今回は函館開催での出走となりますが、前走の礼文特別(札幌)を好タイム(1分07秒6は礼文特別の前の週に札幌で行われた函館スプリントステークスと同タイム)で勝っているので非常に楽しみです

ここは試金石となりますが前走の走りを再現できれば勝ち負け必至でしょう

斤量のおかげで勝っているとは思えないですし、まだまだ成長途上のはずなのでどこまでも強くなってほしいものです

 

【礼文特別回顧】1着 6月19日

2021年6月19日(土)札幌12R 礼文特別(3歳以上1勝クラス)芝1200m 15頭 良 1枠1番 ジャズエチュード(牝3)秋山稔樹 50キロ

 

最内枠からスッと先手を奪って、そのまま逃げ切り勝ち

南半球産(オーストラリア)の3歳牝馬で50キロの斤量だったとはいえ、先週の函館スプリントステークスと同じタイム(1分07秒6)で勝ったことは凄いことですし、今後の活躍を期待せずにはいられません

2018年10月1日産まれで良化の余地はまだまだあるはずで、どこまで強くなるか楽しみです


プロフィール

父:I Am Invincible

母:Mumbai Rock(母の父:Fastnet Rock)

性別:牝

生年月日:2018年10月1日

毛色:鹿毛

馬主:吉田和子

調教師:黒岩陽一(美浦)

生産牧場:Morning Rise Stud(豪)

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク