【レイパパレ】歴戦の記録|先行力と末脚を兼ね備え、無敗で大阪杯制覇

2021-06-14

最新記事【大阪杯回顧】2着 2022年4月3日◆前々走の香港Cでは出遅れて中団から◆直線、前が開かず大外まで持ち出し最後まで伸びていた◆重馬場の大阪杯を逃げて6戦6勝で優勝◆良馬場でも結果を出している◆間隔を空け大事に使われている◆主な戦績:大阪杯(G1)1着1回、2着1回、宝塚記念(G1)3着

 

スポンサーリンク

 

 

2022年

【大阪杯回顧】2着 4月3日

2022年4月3日(日)阪神11R 大阪杯(G1)芝2000m 16頭 良 7枠14番 レイパパレ(牝5)川田将雅 55キロ

 

五分のスタートからスーッと前目の位置を取りに行きました

1コーナーから3〜4コーナー中間あたりまで、わずかに折り合いを欠いているように見えました

直線、早めに抜け出して勝ちに行く強い内容の競馬で、ポタジェに差されはしましたが2着を確保

海外遠征も経験し、たくましさを増したレイパパレ

G1タイトルを取れる力があることを改めて証明しました

今後、2つや3つ、G1勝ちを収めてもなんら不思議はないと思います

 

【金鯱賞回顧】2着 3月13日

2022年3月13日(日)中京11R 金鯱賞(G2)芝2000m 13頭 良 7枠10番 レイパパレ(牝5)川田将雅 56キロ

 

折り合って4番手を追走し、直線に入ってから追い始め馬場の2分どころを伸び、ジャックドールには2馬身1/2届きませんでしたが、56キロを背負っての2着は立派

走破時計は1分57秒6で、従来のコースレコードより0秒7速く走っており、スピード決着にも対応できることを証明しました

大阪杯連覇に向けて良い始動戦だったと思います

 

スポンサーリンク

 

 

2021年

【香港カップ回顧】6着 12月12日

2021年12月12日(日)シャティン8R 香港カップ(G1)芝2000m 12頭 良 馬番11番 ゲート番3番 レイパパレ(牝4)C.スミヨン 55.5キロ

 

スタートでやや出遅れて中団からの競馬

向こう正面では掛かっていました

道中は勝ったラヴズオンリーユーをマークする形

直線、進路がことごとく閉まってしまい、結局大外まで持ち出し、それでもしぶとく伸びていました

スムーズだったらもっと上位にきていたでしょう

結果は出ませんでしたが、控えても大丈夫だったのでレースの幅が広がったとみています

しっかり休養して次なる戦いに備えてほしいです

 

【香港カップ展望】

2021年12月12日(日)香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1)芝2000mに登録

発送予定時刻は日本時間12月12日(日)午後5時30分

 

秋はオールカマー4着、エリザベス女王杯6着と結果は出ていませんが、レース内容は悪くないので今回も期待しています

 

その他にもラヴズオンリーユーとヒシイグアスの日本馬が出走します

 

【エリザベス女王杯回顧】6着 11月14日

2021年11月14日(日)阪神11R エリザベス女王杯(G1)芝2200m 17頭 良 1枠1番 レイパパレ(牝4)C.ルメール 56キロ

 

好スタートを切り、控えて4番手から

道中は掛かりっぱなしで、何度か軽く手綱を引く場面が見られました

600m標識手前で進路が少し狭くなりますが、顔を外の馬にぶつけてこじ開けたように見えます

こんな一面があるのかと驚きましたし、強さの秘訣なのだろうとも思いました

ただ、その場面でつまづくシーンもありました

そして、こらえきれず4コーナーの出口手前で早くも先頭

残り200mで勝ち馬アカイイトに交わされ、ゴール直前には次々と交わされましたが、2着馬からはクビ+クビ+ハナ+クビしか負けていません

前半1000m59秒0、後半1000m60秒8の前傾ラップで厳しい展開でもありましたが、バッタリ止まらず最後まで良く走りました

 

11月19日現在、JRAホームページによると放牧に出されています

しっかり休養して次なる戦いに備えてほしいです

 

11月25日追記:12月12日(日)に行われる香港カップ(G1)芝2000mに出走予定。距離適性の高さで、きっと良い走りを見せてくれるでしょう。

 

【エリザベス女王杯展望】

2021年11月14日(日)阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)芝2200mに登録

 

中6週しっかり間隔を空けての出走は好材料

前走のオールカマーで先着を許したウインマリリン、ウインキートスとは今回は同斤量(前走はレイパパレが1キロ重かった)なので逆転は十分可能

正攻法の競馬で強いレイパパレを見たいものです

 

このレースには、もう1頭の期待馬デゼルも出走します

 

【オールカマー回顧】4着 9月26日

2021年9月26日(日)中山11R オールカマー(G2)芝2200m 16頭 良 6枠12番 レイパパレ(牝4)川田将雅 56キロ

 

好スタートから先行策

1コーナー手前あたりから3コーナーくらいまで掛かっていました

4コーナー出口から追い始め、直線向いてすぐに先頭

残り100mくらいで勝ったウインマリリンに交わされ、ゴール前でウインキートス、グローリーヴェイズにも差されて4着

別定戦で、同じ4歳牝馬の1着馬、2着馬よりも斤量が1キロ重かったことを考えると、正攻法で4着という結果は復帰戦としては悪くなかったと思います

G1本番に向けてダメージのケアをしっかりして、次戦も無事に走りきってくれることを願います

 

【オールカマー展望】

2021年9月26日(日)中山競馬場で行われるオールカマー(G2)芝2200mに登録

 

宝塚記念以来3か月ぶりのレース

大阪杯勝ちが示すとおり、この馬が強いことは誰もが認めるところ

別定重量で56キロがどうかですが、能力を考えると問題ないのではないかと思います

大事に使われてきた馬ですので、とにかく無事に走りきってほしいです

 

【宝塚記念回顧】3着 6月27日

2021年6月27日(日)阪神11R 宝塚記念(G1)芝2200m 13頭 良 2枠2番 レイパパレ(牝4)川田将雅 56キロ

 

スタート後、ユニコーンライオンに競りかけることなく2番手の位置取りを選択したことで、ユニコーンライオンはマイペースの逃げに持ち込めました

直線ではレイパパレとの競り合いをしぶとく差し返して2着を確保しました

 

川田騎手はスタート後、競りかけるか控えるかジレンマがあったのではないかと推測します

結果的に控えたことで3コーナーまで終始いきたがる素振りをみせていて、折り合いの面では少しかみ合わなかったかもしれません

ただ、もしレイパパレが競りかけていたらもっとペースが上がって、先行勢にはきつい展開になったかもしれませんので2番手の位置取りで良かったのだと思います

 

3着でしたが能力があること、良馬場でも走れることを証明してくれました

そして無事に走りきってくれたことがなにより良かったです

しっかり休養して1戦1戦フレッシュな状態で無事に走ってくれることを願います

 

【宝塚記念展望】

2021年6月27日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)芝2200mに出走予定

ファン投票で10万票を超える得票数を集め第4位での選出となりました

 

レイパパレは先行力があるうえに終いもしっかりした脚を使える素晴らしい馬です

3走前の大原ステークスでは押し出されてハナを奪い、直線持ったままノーステッキで完勝しました

前々走の朝日チャレンジカップは大原ステークスで逃げたためか、スローペースだったためか行きたがっていました

3~4コーナーでは押さえきれない手応えで4コーナー出口で早くも先頭に立ち、追ってくるブラヴァスに詰め寄られそうになりましたが最後は突き離して完勝しました

6戦6勝でG1勝ちを収めた前走大阪杯は逃げの手に出てしっかり折り合い、2着に4馬身という大きな差をつけました

その大阪杯から200m距離が延びますが、逃げでも前目でも位置取りはどこでも良いので、気持ち良く走らせて折り合いさえすれば距離延長は大丈夫のような気がします

 

これだけの馬なので勝ってほしいのは当然ですが、間隔を空け大事に使われていて体質はそれほど強くないようなので、短期放牧に出たとはいえ重馬場で走った大阪杯の疲れが残っているかもしれないので、まずは無事に走りきってほしいです


プロフィール

父:ディープインパクト

母:シェルズレイ(母の父:クロフネ)

性別:牝

生年月日:2017年1月28日

毛色:鹿毛

馬主:(有)キャロットファーム

調教師:高野友和(栗東)

生産牧場:ノーザンファーム

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク