【ポタジェ】歴戦の記録|間隔をあけて大事に使われている、2000mが適距離

2021-07-15

最新記事【大阪杯回顧】1着 2022年4月3日◆現時点でベスト距離と思われる2000m戦の大阪杯で、最高の結果を残した◆金鯱賞からの間隔は中2週だったが体質強化を予感させる走りを見せた◆主な戦績:大阪杯(G1)1着、白富士S(OP)1着、新潟大賞典(G3)2着

 

スポンサーリンク

 

 

2022年

【大阪杯回顧】1着 4月3日

2022年4月3日(日)阪神11R 大阪杯(G1)芝2000m 16頭 良 4枠8番 ポタジェ(牡5)吉田隼人 57キロ

 

五分のスタートから軽く促されて先行策

向こう正面では少し手綱を引きながらの追走

3〜4コーナーでは軽くおっつける程度で、手応え良くレイパパレをマークする形で進出

直線向いて、満を持して追い出すと、レイパパレをキッチリ差し切って、見事に初重賞制覇をG1の舞台でやってのけました

 

ゴール後、2着のレイパパレに騎乗していた川田将雅騎手のほうから握手を求めていました

今回で15戦目となったポタジェに、過去7回騎乗していた川田騎手にしてみれば、心中穏やかではなかったはずなのに、握手を求める姿に清々しさを感じました

必死にゴールまで追っていた川田騎手が、ゴール後、左から伸びてきた馬は何だというように確認した際、ポタジェか!おめでとう!と祝福の気持ちを抱いたのではないかと想像しています

 

中2週の間隔でも結果を残せたことは体質強化の兆しかもしれません

激走の疲れを回復させて、宝塚記念でも好走を期待したいものです

 

【金鯱賞回顧】4着 3月13日

2022年3月13日(日)中京11R 金鯱賞(G2)芝2000m 13頭 良 4枠5番 ポタジェ(牡5)吉田隼人 56キロ

 

まずまずのスタートから控えて後方3番手

向こう正面からは後方2番手を追走

9着までが従来のコースレコードを上回る高速決着のなか、後方2番手から上り3ハロン、メンバー最速の34秒2で猛然と追い込んで4着

従来のコースレコード1分58秒3より0秒3速い、1分58秒0の走破タイムでゴール

着実に力をつけており、今後のさらなる活躍を期待しています

 

【アメリカJCC回顧】5着 1月23日

2022年1月23日(日)中山11R アメリカジョッキークラブカップ(G2)芝2200m 14頭 良 4枠6番 ポタジェ(牡5)川田将雅 56キロ

 

中団の前目を追走

残り800mから各馬が仕掛けるなか、ワンテンポ遅らせて追い始めました

4コーナー手前で、後続馬が外から続々まくり上がって、ポタジェは中団後方のポジション

あえて仕掛けを遅らせて、大事に乗ったのだろうと想像しています

ムチを最後まで使わなかったのもそのためではないでしょうか

それでも最後まで伸びてきていますし、良いレースができたと思います

春のG1に向けてまずまずのすべり出しと言って良いでしょう

 

【アメリカJCC展望】

2022年1月23日(日)中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップ(G2)芝2200mに登録

 

前走の天皇賞(秋)から3か月弱の休み明け

2200m戦は初めてですが、宝塚記念を見すえるうえでも楽しみな一戦

大事に使われているので、ここを使って約2か月半の間隔がとれる大阪杯に直行ということもあり得るのではないかと予想しています

確実に出走するためにも、ここで結果を出し賞金を加算してほしいところです

 

スポンサーリンク

 

 

2021年

【天皇賞(秋)回顧】6着 10月31日

2021年10月31日(日)東京11R 天皇賞(秋)(G1)芝2000m 16頭 良 2枠4番 ポタジェ(牡4)川田将雅 58キロ

 

いつものように先行策

内枠を利してロスのないレース運びで、残り400m地点では馬場の3〜4分どころを通って伸びてきそうでしたが、上位3頭(エフフォーリア、コントレイル、グランアレグリア)との伸び脚の差は歴然で今回は完敗でした

しかし、最後まで止まらずによく頑張りました

 

中2週を心配しましたがプラス2キロで出走し、無事走り切りました

JRAのホームページによると、レース後放牧に出されています(11月5日時点)

中2週の競馬で疲れたでしょうからまずはリフレッシュして、適距離2000mのG1大阪杯制覇を目指して今後のさらなる成長を期待したいと思います

 

【天皇賞(秋)展望】

2021年10月31日(日)東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(G1)芝2000mに登録

 

毎日王冠から中2週の競馬になるので、体質的に心配ですが好勝負できる能力はあると思います

大事に使われ着実に力をつけてきました

春の時点から天皇賞(秋)に出走したら良い勝負ができるのではないかと思っていたので、どんな結果になるか楽しみです

 

その他にも、期待馬2頭(エフフォーリアカレンブーケドール)が出走します

 

【毎日王冠回顧】3着 10月10日

2021年10月10日(日)東京11R 毎日王冠(G2)芝1800m 13頭 良 4枠5番 ポタジェ(牡4)吉田隼人 56キロ

 

トーラスジェミニが飛ばして1000mの通過タイムが58秒5

縦長の展開になりポタジェは単独4番手を追走

600m標識あたりから追い出しましたが、残り400mでダノンキングリーに交わされました

そして残り150mあたりで少し外にヨレたのですが、そのタイミングで手前が変わり最後までしぶとく伸びました(上り3ハロン34秒0)

上り3ハロン33秒0の豪脚を使って追い込んだシュネルマイスターにも差されましたが3着を確保

 

最後までしっかり走ったので、疲れが心配ですが天皇賞(秋)が今から楽しみです

 

【毎日王冠展望】

2021年10月10日(日)東京競馬場で行われる毎日王冠(G2)芝1800mに登録

 

少し気が早いのですが、ポタジェは天皇賞(秋)で好走できると予想しています

ただ、これまで間隔を空けて使われているので、毎日王冠から天皇賞(秋)まで中2週なのが気がかりな点です

中3週で走ったことはありますが、もし出走すれば中2週は初めてになるので、体質的に大丈夫だろうかと心配しています

 

新馬戦で1800mを走ったあとは、前走まで9戦連続で2000mに出走

出遅れてさらに外々を回って勝った新馬戦以来の1800m戦です

新馬戦で勝っていますので、距離に関しては問題ないと思います

 

天皇賞(秋)に向けて良い結果が出ることを期待しています

欲を言えば、できるだけ疲労が残らないレースができればベストです

 

【新潟大賞典回顧】2着 5月9日

2021年5月9日(日)新潟11R 新潟大賞典(G3・ハンデ)芝2000m 14頭 良 6枠10番 ポタジェ(牡4)西村淳也 56キロ

 

今回のレースは、好スタートからスッと控えて中団を追走、直線は馬場の真ん中を通って長く良い脚を使い内容のあるレースでした

2着で収得賞金を加算できたことは、今後に向けてレースを選びやすくなるので大きかったと思います

 

使われかたをみても現時点では2000mがベスト距離のようですし、秋の天皇賞あたりで充実期を迎えられるのではないかと予想しています

荒れていた新潟の馬場を懸命に走った疲れをしっかり取ってもらい、これからも間隔を空けて大事に使っていってほしいです

次走が待ち遠しいですがゆっくり待ちたいと思います

 

【新潟大賞典展望】

2021年5月9日(日)新潟競馬場で行われる新潟大賞典(G3・ハンデ)芝2000mに登録

1勝クラス、2勝クラス、3勝クラス、OPリステッド競走の白富士ステークスと4連勝して、重賞初挑戦となった前走の金鯱賞で3着と好走しました

 

金鯱賞3着に加え、昨年のプリンシパルステークスで2着にきているように実力は十分にあります

間隔を空けて大事に使われていますし、これからが楽しみな1頭です

 

今回のハンデは56.0キロで、十分勝ち負けできる斤量だと思います

1勝クラスからオープン特別まで4連勝できる馬はやはり強いです

掛かるところもなく折り合い面も心配ありません

距離も新馬戦の1800mのあとは全て2000mを使われており、ベストの距離なのでしょう

2000mで行われる秋の天皇賞を目指して活躍していってほしいです

 

【金鯱賞回顧】3着 3月14日

2021年3月14日(日)中京11R 金鯱賞(G2)芝2000m 10頭 8枠10番 ポタジェ(牡4)北村友一 56キロ

スタートを五分に切って先行策から直線馬場の3分どころを通り、重賞初挑戦ながら最後まで止まることなくしっかり伸びて、グローリーヴェイズをハナ差押さえて3着をキープしました

逃げ粘ったギベオンと去年の三冠牝馬デアリングタクトには及びませんでしたが良く頑張りました

別定戦のこのレース、ポタジェの斤量は56キロでグローリーヴェイズが57キロ

同じ斤量ならばグローリーヴェイズに先着できたかは疑問ですが一線級相手でも好走できることがわかりました

今後、重賞制覇の日がくることを願っています

  

【金鯱賞展望】

2021年3月14日(日)中京競馬場で行われる金鯱賞(G2)芝2000mに登録しています

 

デアリングタクトをはじめ強豪がそろいましたが4連勝の勢いをかって重賞初制覇を期待しています

 

【白富士S回顧】1着  1月30日

2021年1月30日(土)東京11R 白富士ステークス(OP・リステッド)芝2000m 13頭 良 5枠6番 ポタジェ(牡4)川田将雅 55キロ

 

道中は中団追走から直線、9番マイネルファンロン12番ブレステイキングの間を割ってしっかり伸びました

最後はサンレイポケットにクビ差まで詰め寄られましたがしのぎ切りました

前半1000mが60秒7、後半が58秒3と前半ややスローの流れのレースを差し切っており力のあるところを見せてくれました

今後の重賞路線での活躍が期待されます

 

【白富士S展望】

2021年1月30日(土)東京11R 白富士ステークス(OP・リステッド)芝2000m 13頭 ポタジェ(牡4)川田将雅 5枠6番 

 

もっか1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスと3連勝中で昨年のプリンシパルSで2着にきているように実力は十分

白富士ステークスと同じ東京芝2000mを経験しているのも心強いです


プロフィール

父:ディープインパクト

母:ジンジャーパンチ(母の父:Awesome Again)

性別:牡

生年月日:2017年2月4日

毛色:鹿毛

馬主:金子真人ホールディングス(株)

調教師:友道康夫(栗東)

生産牧場:ノーザンファーム

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク