【ロバートソンキー】歴戦の記録|神戸新聞杯3着!長く良い脚を使える期待の素質馬

2022-01-23

最新記事【御堂筋S回顧】3着 2022年3月27日◆長久手特別は7か月半ぶり、馬体重マイナス20キロをものともせず快勝◆長く良い脚を使える◆スタートで1馬身ほど出遅れることが多い◆伊藤工真騎手と共に重賞初制覇なるか?!◆主な戦績:神戸新聞杯(G3)3着、菊花賞(G1)6着

 

スポンサーリンク

 

 

2021年

【御堂筋S回顧】3着 3月27日 

2022年3月27日(日)阪神10R 御堂筋ステークス(4歳以上3勝クラス)芝2400 11頭 やや重 6枠6番 ロバートソンキー(牡5)伊藤工真 57キロ

 

格上挑戦となる日経賞(G2)に登録がありましたが出馬投票せず、日曜日の阪神10R御堂筋S(4歳以上3勝C)に出走

6か月半ぶりの出走で、前走は落馬負傷のため乗ることができなかった伊藤工真騎手に手が戻り再始動

スタート直後に隣の馬と軽く接触し、1周目スタンド前では挟まれてややエキサイトしたように見えます

1〜2コーナーにかけて手綱を引き、先団から中団後方まで下げました

直線は内回りとの合流点から追い始め、良く伸びてきましたが3着まで

 

スポンサーリンク

 

【長久手特別回顧】1着 9月12日

2021年9月12日(日)中京9R 長久手特別(3歳以上2勝クラス・ハンデ)芝2000 8頭 良 4枠4番 ロバートソンキー(牡4)福永祐一 57キロ

 

落馬負傷で休業中の伊藤工真騎手に替わり福永祐一騎手が手綱を握りました

7か月半ぶり、馬体重マイナス20キロをものともせず快勝

五分のスタートの直後、外の馬とわずかに接触しているように見えますがエキサイトした様子はありませんでした

その後、いくらか掛かり気味に、縦長になった隊列の5番手を追走

押さえきれない手応えで3コーナーからじわじわ追い上げ、直線を向いたときには持ったまま前の馬を射程圏内に入れていました

4コーナーで4完歩だけ手前が逆になりましたが問題ありませんでした

そして満を持して残り300mから追い出すと後続を寄せつけず、2着に2馬身差をつけて1着

前半1000m62秒5、後半1000m57秒9とスローペースでしたが、楽に追い上げ長く良い脚を使い、次走以降が楽しみになる内容でした!

期待の素質馬が階段をまたひとつ駆け上がりました

 

10月16日追記:2021年10月16日(土)伊藤工真騎手が復帰を果たしました。今週の騎乗は土曜東京の2鞍。5Rの2歳新馬ヤマニンクラビーアで10着。そして6R、3歳以上1勝クラスでティケイプルメリアで1着お手馬ロバートソンキーを管理する林徹厩舎の馬で復帰の日に嬉しい勝利となりました。

 

【長久手特別展望】

2021年9月12日(日)中京競馬場で行われる長久手特別(3歳以上2勝クラス・ハンデ)芝2000に登録

 

2021年2月13日の箱根特別(4歳以上2勝クラス)に登録していましたが、出走を回避して放牧に出ていました

よって前走(1月24日)4歳以上1勝クラスで1着になってから7か月半ぶりの出走ということになります

主戦の伊藤工真騎手は2021年4月4日中山4Rの障害4歳以上未勝利戦において落馬負傷し休業中です(JRAページより 9月6日時点の情報)

10番 セーリング(伊藤 工真騎手)
2周目5号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:頭部打撲、頚椎捻挫、右臀部打撲、左前額部擦過傷(船橋市内の病院に搬送)

JRAホームページより引用

伊藤工真騎手が復帰し、ロバートソンキーとともに活躍してくれることを心待ちにしています

 

トップハンデ57キロは見込まれた感はありますが、それだけポテンシャルを秘めているということなのでしょう

今回は久々なので、まずは無事に走りきってほしいです

 

【箱根特別展望】→回避 2月13日

2021年2月13日(土)東京競馬場で行われる箱根特別(4歳以上2勝クラス)芝2400mに登録

 

前走1着(2021年1月24日(日)中京12R 4歳以上1勝クラス 芝2200m 11頭 不良)

結局は平場の1勝クラスに使われましたが、2021年1月23日(土)中山の東雲賞(4歳以上2勝クラス 芝2000m 定量56.0キロ)と同日の中山の初富士ステークス(4歳以上3勝クラス 芝1800m ハンデ戦56.0キロ)にも登録していました

陣営が格上挑戦でも勝ち負けできると考えていた証拠だと想像できます

ここも通過点であってほしいと願います

前走キャリア6戦目で初めてスタートを五分に出ており、スタートさえ決まれば勝てるのではないかと思います

長く良い脚を使えるので東京コースは持ち味が発揮できる舞台でしょう

伊藤工真騎手と共に勝ち上がっていってほしいです

 

【4歳以上1勝C回顧】1着 1月23日

2021年1月23日(土)中京12R 4歳以上1勝クラス 芝2200m 11頭 不良 4枠4番 ロバートソンキー(牡4)伊藤工真 56キロ

 

格上挑戦の特別戦に登録がありましたが、自己条件の平場を使ってきました

スタートを決め中団やや後ろを追走し道中もしっかり折り合っていました

4コーナーでは馬なりで先団に取りつき直線は荒れていない馬場の真ん中を通って坂下(残り350m)あたりから追い始め不良馬場を苦にせず伸び、2着ミッキーメテオにクビ差をつけて1着

タイムは2分18秒8

神戸新聞杯3着の実力馬でこれからの活躍が期待できそうです

ぜひとも伊藤工真騎手に初重賞制覇を果たしてほしいので、次走以降も騎乗してほしいものです

  

【東雲賞 or 初富士S展望】→【4歳以上1勝C】に出走

2021年1月23日(土)中山で行われる東雲賞(4歳以上2勝クラス 芝2000m 定量56.0キロ)と同日の中山の初富士ステークス(4歳以上3勝クラス 芝1800m ハンデ戦56.0キロ)に登録

 

どちらに出てきても好勝負を期待できそうです

ただスタートは全5戦とも1馬身ほど後手を踏んでいるのでその点は不安要素

神戸新聞杯では直線、間を割って伸びてきましたし、菊花賞でも後方から直線馬場の真ん中に進路をとって伸びました(他馬は真ん中よりも外側を選択)

菊花賞に関しては残り200mくらいのところで伸びを欠いたのは距離が長かったのかもしれません

 

もっともっと強くなってほしい馬で、伊藤工真騎手に初重賞制覇をもたらす可能性がある馬だと思っています

乗り替りになってないことを願います!


プロフィール

父:ルーラーシップ

母:トウカイメガミ(母の父:サンデーサイレンス)

性別:牡

生年月日:2017年2月28日

毛色:鹿毛

馬主:保坂和孝

調教師:林徹(美浦)

生産牧場:長浜牧場

 

スポンサーリンク

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク