【セイバートゥース】歴戦の記録|新馬戦後“せん馬”になって能力が開花するか?!

2021-08-09

最新記事【2歳未勝利回顧】4着 2021年11月14日◆去勢明けで3か月ぶりの登場◆気性面が改善されていれば好走できると予想◆前走同様砂をかぶるのを嫌がって顔を上げていた◆そして前走同様砂をかぶらないように大外を回り、良い伸び脚を見せた◆ただ今回はスタートの出遅れが痛かった◆主な戦績:2歳新馬(4着)

 

スポンサーリンク

 

2021年

【2歳未勝利回顧】4着 11月14日

2021年11月14日(日)阪神2R 2歳未勝利 ダート1800m 11頭 良 4枠4番 セイバートゥース(せん2)藤岡康太 55キロ

 

去勢明けの3か月ぶりで、前走から馬体重マイナス10キロの446キロでの出走

少し立ち上がるようなスタートになり出遅れて後方2番手から

今回もシャドーロールを装着していましたが、前走と同じく砂をかぶって頭を上げていました

向こう正面では1000m標識手前から早くも肩ムチを入れながら追い始め、一頭交わして1000m標識過ぎに右ムチが4発入りました

3コーナーに入る際にも肩ムチが入っていました

3〜4コーナーで外を通って追い上げた脚は素晴らしく、600m標識あたりで大外に持ち出して砂をかぶらなくなってからはゴールするまで頭を上げずに走れました

勝ち馬メイショウジブリからは2秒8も離されての4着でしたが、直線しぶとく伸びてゴール直前で1頭交わしていますし次走につながる走りはできたと思います

 

去勢明けの復帰戦としてはまずまずで、スタートが決まれば勝ち負けできそうです

ただ、砂を嫌がる点は改善されておらず課題が残りました

 

【2歳未勝利展望】

2021年11月14日(日)阪神2R 2歳未勝利 ダート1800m 11頭 セイバートゥース(せん2)藤岡康太 55キロ

 

去勢明けで3か月ぶりの登場

前走の新馬戦でポテンシャルの高さを感じたので、気性面が改善されていれば好走できると思います

砂を嫌がっていたのでその点も注目していて、逃げの手もあるのではないかと予想しています

 

【2歳新馬回顧】4着 8月7日

2021年8月7日(土)新潟6R 2歳新馬 ダート1800m 15頭 良 3枠4番 セイバートゥース(牡2)藤岡康太 54キロ

 

砂をかぶるのを嫌がったのか、正面スタンド前で顔を上げていました

向こう正面で後方を確認したのち、砂をかぶらないように外へ誘導しました

3コーナーで距離ロスがないよう、内に寄せてきたところでまた砂を嫌がるそぶりが見られました

4コーナーから直線は砂をかぶらないように大外を回り、良い伸び脚を見せました

 

まともに走れれば能力がありそうな気がします

次走、砂を嫌がる面が改善されているかに注目です!

あるいは、砂をかぶらないように逃げの手に出るのも良いかもしれません

 

9月17日追記:性別がせん馬に変わっています


プロフィール

父:ディスクリートキャット

母:スプリングタイム(母の父:ストリートセンス)

性別:牡→せん

生年月日:2019年3月19日

毛色:鹿毛

馬主:ダーレー・ジャパン・ファーム(有)

調教師:野中賢二(栗東)

生産牧場:ゴドルフィン

 

スポンサーリンク

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク