【出走馬決定順】2021年朝日杯フューチュリティステークス 出走可能頭数18頭に対し19頭が登録

2021-12-05

2021年12月19日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(G1・芝1600m)の出走順位を「JRAホームページ内の出走馬決定順」https://jra.jp/keiba/tokubetsu/をもとにまとめました

 

スポンサーリンク

 

 

出走可能頭数18頭に対し19頭が登録をしています(12月5日発表)

牝馬2頭が登録していますが、阪神ジュベナイルフィリーズにも登録があります

アネゴハダ、スプリットザシーどちらか1頭でも阪神ジュベナイルフィリーズの抽選を突破すれば、その他の馬は全馬出走できそうです(連闘での出走もありえますが現実的ではありません)

 

※馬名の後ろのカッコ内は通算収得賞金

以下、通算収得賞金順

  • セリフォス(3,900万円)
  • ②ジオグリフ(2,000万円)
  • ③ダノンスコーピオン(1,200万円)
  • ③ドウデュース(1,200万円)
  • ⑤トウシンマカオ(1,150万円)
  • ⑥ヴィアドロローサ(1,000万円)
  • ⑥カジュフェイス(1,000万円)
  • ⑥ドーブネ(1,000万円)
  • ベルウッドブラボー(1,000万円)→回避
  • ⑩オタルエバー(900万円)
  • デュガ(900万円)→回避
  • プルパレイ(900万円)

以上12頭が出走可能圏内

 

以下、7分の6の抽選対象馬

  • アネゴハダ(400万円)→阪神JFに当選し出走
  • ⑬アルナシーム(400万円)
  • エーティーマクフィ(400万円)→回避
  • ⑬シンリミテス(400万円)
  • ⑬スプリットザシー(400万円)
  • ⑬セッカチケーン(400万円)
  • ⑬トゥードジボン(400万円)

 

12月10日追記:阪神ジュベナイルフィリーズの抽選の結果、アネゴハダが当選し、スプリットザシーは非当選で出走できませんでした

これにより朝日杯フューチュリティステークスは全馬出走可能となりました

スプリットザシーは残念でしたが朝日杯フューチュリティステークスに挑戦してもらいたいものです

 

12月16日追記:本日、出馬表の発表があり、牝馬のスプリットザシーが朝日杯フューチュリティステークスに出走することになりました

ベルウッドブラボー、デュガ、エーティーマクフィの3頭と阪神ジュベナイルフィリーズに出走したアネゴハダを合わせた計4頭が回避し、15頭立てで行われます

 

阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬決定順の記事はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク

 

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク