【出走馬決定順】2021年府中牝馬S 出走可能頭数18頭に対し21頭が登録

2021-10-11

2021年10月16日(土)に東京競馬場で行われる府中牝馬ステークス(G2・芝1800m)の出走馬決定順を「JRAホームページ」を参照しまとめました

出走馬決定賞金の算出方法も記載しています

 

スポンサーリンク

 

 

【出走馬決定賞金の算出方法】

出走馬決定賞金の算出方法は以下のとおり

古馬オープンのレースに出走できる馬を決定するための賞金のこと。以下の1から3を合算して算出する。1.収得賞金2.「出走馬決定賞金算出対象期間(1)(=レース実施日までの概ね過去1年間)」におけるレースの収得賞金地方競馬および外国の競馬のレースを含む)3.「出走馬決定賞金算出対象期間(2)(=レース実施日までの概ね過去2年間)」におけるGⅠレースまたはJ・GⅠレースの収得賞金地方競馬および外国の競馬のレースを含む)。各競走の詳細な出走馬決定賞金算出対象期間は、開催ごとの競馬番組にて定めている。なお、上位の競走条件(クラス)の馬は優先して出走できるため、3勝クラスの馬が同じレースに特別登録したオープン馬出走馬決定賞金を上回った場合でも、出走馬決定順はオープン馬が上位となる。

JRAホームページより引用

 

詳細な出走馬決定賞金算出対象期間については、JRAホームページ>競馬メニュー>競馬のルール>競馬番組>2021年度 競馬番組(春季・夏季・秋季)>秋季4回東京(PDFファイル内)の2ページ目、4.各種期間を参照

第4回東京第3日の出走馬決定賞金算出対象期間は以下のとおり

  • (1)は2020.10.17〜2021.10.13
  • (2)は2019.10.12〜2021.10.13

 

収得賞金算出方法は、JRAホームページ>競馬メニュー>競馬のルール>レースのクラス分けを参照

 

【出走順位】

出走可能頭数18頭に対し21頭が登録をしています(10月10日発表)

よって、3頭が除外対象馬です

※馬名の後ろの()カッコ内は出走馬決定賞金

※その後の[]カッコ内は出走馬決定賞金の内訳[収得賞金+出走馬決定賞金算出対象期間(1)+出走馬決定賞金算出対象期間(2)]

 

以下、出走馬決定賞金順

  • ①マジックキャッスル(1億4,900万円)[7,300+5,600+2,000]
  • ②マルターズディオサ(1億550万円)[7,900+1,350+1,300]
  • デゼル(8,9000万円)[5,250+3,650+0]
  • ④アンドラステ(7,700万円)[5,050+2,650+0]
  • ⑤シャドウディーヴァ(5,350万円)[4,250+1,100+0]
  • シゲルピンクダイヤ(5,150万円)[4,350+800+0]
  • ⑦ドナアトラエンテ(4,800万円)[3,150+1,650+0]
  • ⑧リアアメリア(4,600万円)[4,600+0+0]
  • ⑨アブレイズ(4,550万円)[3,350+1,200+0]
  • ⑩アカイイト(3,900万円)[2,400+1,500+0]
  • ⑩スマートリアン(3,900万円)[2,400+1,500+0]
  • ⑫ミスニューヨーク(3,300万円)[2,400+900+0]
  • ⑫レッドベルディエス(3,300万円)[2,400+900+0]
  • ⑭サンクテュエール(2,900万円)[2,900+0+0]
  • ⑮サトノダムゼル(2,400万円)[2,400+0+0]
  • ⑮セラピア(2,400万円)[2,400+0+0]
  • ⑮ブランノワール(2,400万円)[2,400+0+0]
  • ⑮ローザノワール(2,400万円)[2,400+0+0]

 

以上18頭が現時点での出走可能馬

 

以下、3頭が非抽選馬

  • ⑲フィリアプーラ(2,150万円)[2,150+0+0]
  • ⑳クラヴァシュドール(2,050万円)[2,050+0+0]
  • ㉑ホウオウピースフル(1,950万円)[1,950+0+0]

 

10月14日追記:出走順位15位のブランノワールは、同日10月17日(日)の新潟11R信越ステークス(3歳以上OP・リステッド・ハンデ)芝1400mに出走

それにともない、出走順位の19位のフィリアプーラが出走可能となりました

 

スポンサーリンク

 

 

JRAのホームページはこちらから↓↓↓↓↓↓↓

JRAのロゴマーク